金装鹿尾巴丸は体の衰え、精力の向上に効果抜群の漢方だった!

時事ネタ

精力が衰えた、関節が痛い、手足が冷えて、顔色も優れない…!

そんな風に体調に問題を抱えていませんか?

そこで今日は効果てきめんの漢方を紹介します。

 

金装鹿尾巴丸は精力向上に効果あり!

 

 

金装鹿尾巴丸は、東洋医学でいう血や気の不足や、活力の低下に効果がある漢方薬です。

特に関節が痛い、精力が落ちてきた、なんとなく活力がわかない。といった方におススメです。

 

金装鹿尾巴丸の成分

 

金装鹿尾巴丸の成分としては、

ロクジョウ(鹿茸)
雄ジカの生え出たばかりの袋角を加工したものです。
強壮、強精、鎮痛などに作用があるとされる生薬です。不眠や低血圧、自律神経の乱れ、更年期の悩み、インポテンツ、四肢のしびれなどの改善に有用とされています。

ロクビ(鹿尾)
鹿の尻尾を煮て、乾燥し、成形したものです。
鹿の尾は、体の陽(エネルギーや気のこと)を高め、泌尿生殖器系や生命エネルギーに関わる「腎気」を強めると考えられています。

コウジン(紅参)
高麗人参(オタネニンジン)の根を皮ごと高温で蒸して、乾燥させたものです。
数千年も昔から漢方薬に用いられてきた生薬です。疲労回復、体力増強、精神安定作用、血流の改善と動脈硬化の予防、免疫サポートや胃潰瘍の修復など、その作用は多岐に渡るといわれています。

ホコツシ(補骨脂)
マメ科の植物であるオランダビユの種子のことです。
強壮の作用があることで知られ、下半身の冷えや腰痛、肩こり、筋力の低下、食欲不振などのケアに用いられています。

ゴシツ(牛膝)
ヒユ科の植物の根をよく洗って乾燥させたものです。
駆瘀血(血の流れの滞りをとる働き)の作用を持つとされています。腰痛、関節痛、月経の痛みや周期の乱れなどの改善に有用とされています。

ジュクジオウ(熟地黄)
ゴマノハグサ科の植物の根茎を乾燥し、酒で蒸して日干しにする作業を繰り返して作られた生薬です。
補血、強壮、清熱(体の熱をとり、精神不安や不眠などの興奮状態を改善する働き)などの作用が期待でき、めまいや月経痛、月経不順、胸脇の張りなど、様々な悩みに有用とされています。

ロクジョウ(鹿茸)、ロクビ(鹿尾)、ホコツシ(補骨脂)、ゴシツ(牛膝)、コウジン(紅参:6年根の高麗人参)、シャオウギ(炙黄芪)、ブクリョウ(茯苓)、ジュクジオウ(熟地黄)、その他漢方成分

用法
1日に計2袋を、朝晩の1日2回に分け、常温の水とともに服用ください。
1回の使用期間は20日間となります。これを1回、または2回行ってください。定期的に行うことを推奨します。

注意事項
外感発熱や、陰虚火旺、下焦湿熱の症状をお持ちの方は、本品の使用をお控えください。
お子様や妊娠中・妊娠の可能性のある方、高血圧の方、心臓に疾病をお持ちの方、風邪で熱のある方は、本品の使用をお控えください。
本品により違和感や過敏反応が生じた際は、ただちに使用を中止し、医師にご相談ください。
パッケージが破損していた場合は、使用をお控えください。

 

漢方薬の中でも、高価で貴重なものをバランス良くブレンドしたのが、金装鹿尾巴丸なんですね。

 

精力を回復して、楽しい毎日を取り戻そう!

 

これは金装鹿尾巴丸を実際に試した人の口コミです。

 

常日頃、私は関節痛に悩んでいました。友人からこの金装鹿尾巴丸を勧められて試してみたら、本当に効いてビックリです。飲みだしてからアッチの方も元気になり(笑)身体に活力がみなぎって、20代の頃に戻ったみたいです。

 

金装鹿尾巴丸の効力は、この感想に集約されていると思います。あなたも、金装鹿尾巴丸で活力のある毎日を取り戻しましょう!

 

金装鹿尾巴丸40袋

タイトルとURLをコピーしました